災害は、時を選ばず、忘れた頃にやってくる。

2019年9月22日(日)の朝、宮崎県延岡市を竜巻が襲いました。幸い亡くなった方はいませんでしたが、多くの家屋等が損傷しました。私の住まいは、竜巻が通過したルートから約50m外れたところでしたので被害を受けませんでしたが、たまたまルート上にあった家屋等の被害は戦慄するものでした。

延岡市は、2006年9月にも竜巻が発生し家屋等に多くの被害がでました。この時は、3人の方が亡くなり、また、日豊本線を走る特急にちりんが脱線横転しましたので全国版のニュースで繰り返し報道されたことを記憶しています。

今回の竜巻は、たまたま休日の朝、人々が屋外で活動を始める前の出来事でしたので死亡災害にならずにすんだのかもしれません。

普段の延岡は、日向灘に面し、温暖で自然の恵みのあふれるところですが、かつて寺田寅彦が述べたように「災害は忘れた頃にやってくる」、それも時を選ばずに・・・。
以上

カテゴリー: 3.同窓生便り   パーマリンク